《役立つ情報を大公開》整体師になるために今から知っておくこと

身体の調子を整える仕事

整体師になるには専門の資格が必要なイメージがありますが、必須ではないのが現状です。そのため、知識のない状態で専門店や整体医院で就職して技術を身に付けることだってできます。しかし、医院などでは専門学校で資格を取得している人を採用する傾向があります。そのため、整体師として働きたいなら専門学校を出て資格取得をするのが近道なんですよ。

専門学校選びで注目するべきこととは?

整体技術

整体技術というのは技能的なことだけではありません。ほかには専門的な知識がしっかり勉強できるかという点です。整体施術を行なうときには、患部に直接治療を行なう必要があります。そのため、解剖学や整形外科学など人の身体について知っておかないといけません。専門学校を探すなら、それらのカリキュラムをしっかり確認しましょう。

カウンセリング技術

施術中は患者さんと一対一です。そのため、愛想が悪いと患者さんから身体の悩みが聞けません。また、施術も不安が拭えないなんて状態も起こってしまいます。そうなると患者さんが離れていってしまいます。それを避けるためにもカウンセリング技術やコミュニケーション能力が身に付けやすい講座を実施しているところを選びましょう。

経営スキル

整体師は資格を持っていなくても開業ができる職業です。ですが、そんなことをする人はほとんどいません。多くの人は学校などでしっかりと知識と技術を習得してから開業するのです。そのため、専門学校の多くは経営に必要なスキルが学べるカリキュラムを組んでいることが多いですよ。

就職サポート

整体師としての資格を取得しても仕事先がないなら、宝の持ち腐れです。そんな状態を回避するためにも就職サポートが充実しているスクールを探しましょう。学校のサイトや資料では就職率が紹介されていますが、それを鵜呑みせず退学率などを確認しておくと良いですよ。

《役立つ情報を大公開》整体師になるために今から知っておくこと

女性

最近需要が高まっている職業

最近整体師の仕事は需要が高まっています。その理由は、少子高齢化が進んだことによって整体を利用する人が増えているからです。そのため、最近では整体師になるには資格と技術が必要だと感じる学生が多くなっています。そして、同時に専門学校の入学希望者も増え、就職先の整体院の競争率もグッと上がっているんですよ。

施術中にしてはいけないことって?

整体師は打撲や骨折などを治療する行為が禁止されています。それらの施術は医療行為に当たるため、医療関係の国家資格を持っている人でないと治療できません。また、施術のために痛み止めや麻酔薬を使用することも禁止です。この二つは医師でないと処方できないからです。将来開業を検討しているなら、学校へ通う前から禁止行為を確認しておきましょう。

整体師になる効果的な方法を紹介!

no.1

専門学校

整体師には民間の資格があります。専門学校では専門資格の取得が可能です。資格は自分が技術を持っているという証になるので就職に有利になってきます。また、授業の中で実践講習が受けられるので技術がしっかりと身に付けられますよ。

no.2

整体院などで学ぶ

専門学校に行くための学費がないと考えている人に多く利用されている方法です。ですが、専門の資格を持っていないので、採用してくれるところが少ないのが現状です。また、技術も知識も持っていない状態で現場で活躍するのはとても厳しいです。そのため、強い意思がないと続けるのは難しいでしょう。

no.3

通信講座を利用する

仕事の合間に転職に最適なスキルを身に付けたい人が多く利用しているようです。しかし、勉強中に実践経験が積めないの技術が身に付きにくいのが欠点なんですよ。ですが、手頃な価格で受講できるので、利用者が多く人気の高いコースのひとつになっています。